本日は、紫波町ラフランス温泉館様から

道の駅〜歯科クリニック〜と盛岡にもどってきて

焼肉冷麺ヤマト南店さまと回ってきました
手

ラフランス温泉館では設置してあるドクターフィッシュの足湯を

業者の方がお片付けしてました。

ドクターフィッシュは「ガラルファ」っていうお魚で

人の角質なども食べてくれると有名ですね(*'▽')

私も昔、飼ったことがあります
サキ

さて、本題ですが今日は「焼肉冷麺ヤマト南店」さまの

90cm海水水槽へ新しいお魚を追加してきましたよ♪




手前にすでに泳いでます・・・。



先週は冷麺祭りで大賑わいだったかと思います。

今回もパンフレットもスカスカになってました。

弊社の水槽に興味を持って頂けることが大変うれしいです
kyu

皆様、遠慮なくパンフを持って行ってくださいね(笑)



ゴマハギ君。

現在は回収して別のお魚になってます(-ω-)/



ライブロックも洗浄のため取り出し

組み直ししました。

エビ君は新しい岩場をロッククライミング中。




外部フィルターのパイプも洗浄しました。

パイプやホースも定期的に洗浄することで清潔で、安定した

水の循環が維持できます。

水槽だけを綺麗にしても、意味はありません。

器具もアイテムも含め綺麗にすることで、水槽も綺麗に

保つことができます。




新しいお魚も入りましたのでぜひ、ご来店の際にご覧くださいませ。

様子を見て追加する予定ですのでお楽しみに・・・。

 

今回は淡水水槽の流木を交換しました〜。

淡水水槽の流木や石などを変えるだけでも

水景に変化がでます。

しかし流木はすぐには使えません。




大型水槽向きな迫力のある流木ですが、「アク抜き」

しないと水槽のお水が茶色に色づいてしまいます。

流木のアクとは木に含まれる「腐食酸」という成分。

これが水に使ってると染み出てくるんですよ〜('Д')

鑑賞に差支えが無い(ほぼ無色)レベルまでアク抜くのです。
※完全に抜く事は不可能です。

方法は様々ですが、流木の大きさ・種類によって時間や処理法が

異なります・・。 洗浄・殺菌も行います。


※場合によっては数か月ほどかかる場合もあります。

この作業を終えた流木を使用してますので、水はピカピカです♪




こちらは弊社のHP製作でお世話になってるLac様。


変更前。



変更後。



流木を変えるだけでもちょっと雰囲気が変わりますね。

W30cmの水槽ですのでコンパクトにまとめてます。

場合によってはレイアウトをガラッと変える事もあります。







左右対称の様に海水魚水槽と熱帯魚水槽を設置してます。

一度で二度おいしい(笑)




熱帯魚の水槽では赤ちゃんが生まれてました〜(*´▽`*)




見えるでしょうか?

2〜3匹小さいお魚がいますよ^^

その他すこし大きくなった稚魚がいて、見た限り6匹くらいは

確認できました〜。




水草からも新芽もでて綺麗な葉の模様が見えますね♪

お魚が生まれたり、水草から新芽がでたり・・・

もう春が近くなってきたからでしょうか?(笑)




オフィスには私が以前、盛岡タイムスに掲載された新聞も

飾ってあります(笑)

いつもありがとうございます!(∩´∀`)∩


その後のメンテナンスでも淡水水槽の流木を変えました〜。




盛岡市の「上堂なでしこ保育園様」

淡水水槽60cm水槽です。

幅が60cmくらいになるとレイアウトにも幅がでてきます♪


変更前の画像は・・・ありません(笑)




こちらは隣接してある「なでしこ幼稚園様」

エビが大繁殖中!

こちらはお客様の水槽のメンテナンスをお任せ頂いております。

弊社では、既存の水槽も承っております

「設置してるけど、手をかけられなくなってる・・・。」

「管理が大変そうだし、めんどくさい・・・。」

「何をどうすればいいか、分からない・・・。」


というお悩みも弊社へおまかせください!


癒しの水槽は「見てるだけ」が一番ですよ(!笑)

もちろん「これから始めたい!」と思ってる方も是非

ご相談くださいませ〜。





 

今週の始めは「青空保育園」様。

お昼寝の時間の間にメンテナンスをしてます('ω')








写真でとるとどうしても映り込みしてしまいますね・・・。

本当は真正面や色んな角度で撮りたいのですが・・・。



残念・・・。






色とりどりの海水魚が楽しそうに泳いでます♪

岩の隙間から顔をだしては戻ったり・・・。


黄色いゴマハギ君も元気にしてます♪

他にも色々いますが隠れてしまいます💦




石についてきたサンゴも元気(?)です(笑)

すぐ奥の部屋では子供たちがお昼寝してますので静かに

ササッと作業しますzzz




水槽台の中も毎回拭きます。

ホコリやゴミが少なからずあるので、器具のチェックと平行して

掃除しまーす。

見えない所ほど、綺麗にしなくてはいけません。


手前の小さな箱は、園長先生のご用意したアイテム♪

イルカやアシカ、クジラなどかわいい海の生物のおもちゃ。

定期的に入れ替えて、お子様に喜んでもらってます^^

今度は何にしようかな?




 

今週は、体調崩してしまい不調でした・・・。

大雪もあり・・・大変な週でした。

体の方は早めに病院に行ったので、もう元気に♪

また、来週も仕事頑張りますよ〜(*´▽`*)


さて、タイトルの通り、、、。お客様水槽のイソギンチャクが

綺麗に開いていたので、早速写真にとってきました。



白が強く写ってしまうので若干見づらい・・・。



アップで撮ってみました(∩´∀`)∩

透き通るような白に触手の先がほんのりピンク♪

とっても綺麗ですね。

どうやらここが現在のお気に入りの場所のようです。

イソギンチャクには足があるので移動できます。

タマイタダキイソギンチャクも大きく成長して、そちらが

ニモ達のベッドになってるのでこちらには誰も来ません(笑)

ま、小さいですし・・・。




お気に入りの「フレームエンゼル」も大きくなってます。



こちらは別の水槽のイソギンチャク。

まだ入れたばかりですのでまだ本調子ではない感じですが、

じわじわと開いてきてました。

ニモはまだ入る気配がありませんが、現在この種類のは

今の所100%入ってくれてます(笑)

もちろん、個体差がありイソギンチャクへ入らない場合もありますが・・・。


「イソギンチャク」は触手に刺胞毒を持ってるため刺されると危険です。

近づいた生き物を毒で弱らせて捕食します。

「餌」をそれほど必要とせず、光合成で生きていける種類もいます。

クマノミ類はイソギンチャクの「刺胞毒」に対して免疫があるため

無害です。その体質を利用しイソギンチャクに入り外敵から身を守ってます。

お礼にイソギンチャクに餌を運ぶ・・という話もあります。

仲良くニモ同士、イソギンチャクに入る場合もあれば、1匹が独り占めして

他を追い出したりすることもありますが、見ていて飽きません(笑)


家のサンゴ水槽では、イソギンチャクが無いのでサンゴに入ってました。

サンゴも迷惑そうだったので、イソギンチャクを入れるともうベッタリ

と離れません(笑)


※ご希望でイソギンチャクを入れる場合は、プロテインスキマーをつける事に

なりますのでご了承下さいませ。(要相談)


イソギンチャクが粘膜を出したり、万一に死亡した際に水を
濁らせたり、汚したりするためです。
「スキマー」はそのような汚れなどを分離・除去する機械です。









綺麗なイソギンチャクを水槽で眺めてみませんか?

癒されますよ〜♪






 

今週は、商談や、お客様の水槽のサイズアップなど

・・・色々ありました。

東京本部のマネージャーと商談・現設置水槽の撤去作業・新しい導入予定先の

建設中の現場確認にも行ってきました(*'▽')

最終調整中ですが、現状でお伝えできるのは

W1800×D600×H600の大型水槽!!

もはやお風呂みたいですね(笑)


そして、とある会社と「コラボ」?的なお話を頂き、確認や打合せ・・・。



「セレクション」 様
〒020-0051 岩手県盛岡市下太田下川原53
カー用品販売店

弊社のお客様で、ショールームとしても、商談の場所にもご利用させて頂いて

おります。

こちらで弊社とのコラボ(?)的なお話をいたしました。




商談の次の日には・・・奥にある淡水水槽のサイズアップ!



W300×D300×H500 淡水水槽

30cm四方の省スペースながら、高さがあるので迫力もあります。

設置から1年ほど経ち、リニューアルのご希望を受けました(*´▽`*)

フィルターなどはそのまま使用できるためコスト面でも◎

そして水やろ過材もそのまま使うので、今までのお魚も安心して新居へ引っ越し♪

ぱぱーっと器具を外して、魚を隔離して・・フィルターのパイプ類も洗浄して

水を抜いて・・砂を移して・・・と作業をしていきます。




完成です!

こちらの水槽は

W600×D300×H400 曲げガラスタイプ

前面のガラスが曲がってるのが分かるでしょうか?

水槽は普通▭ですがこれは全面の角が曲がってるので継ぎ目もなく

スタイリッシュです。

インテリア性も高いですね♪

広々とした水槽になりお魚たちも大喜び!




海水魚の90cm水槽と熱帯魚の60cm水槽のツーショット。

アクアリウムと高品質な音響スピーカーから曲が流れる

素敵な空間です・・・。

商談に来られた企業の方々も「ほぇ〜」とみられておりました(笑)

ご見学だけでも全然OKですので、見に行ってみてくださいね(*'▽')


新しい生体もちょっと入荷しました☆




雪が降り積もった木のようなサンゴです♪

ブルーのポリプがとっても綺麗です。

今回はこの辺で・・・

それではまた来週〜♪

 

今回はちょっと、生体のご紹介をしたいと思います。



まずはヤナギカタトサカ。



「トサカ」という種類のサンゴです。

近くで見るとフサフサしていますね(*'▽')

これが「ポリプ」という触手です。

餌を与えれば食べますが光合成だけでも十分です(^◇^)

次はイソギンチャクです。


いつもならこのようにイソギンチャクのベットに入ってます。

クマノミはイソギンチャクのイメージが強いですね。



メンテナンス開始の時は水槽は「夜」という場合もあります。

日中は水槽の照明を切り、囲いなどで完全に遮光している

お客様の水槽です。※生活パターンに合わせております♪

イソギンチャクが閉じてしまい、ニモたちが入れず・・・(笑)

照明をつけてしばらくすると全開にひらいて・・・。



メンテ中に撮ったので、少々画質が荒いですが・・・。

見えるでしょうか?



ニモがすっぽりと入っております(笑)

このイソギンチャクは「タマイタダキイソギンチャク」

グリーンカラーもあり、なかなか丈夫です。

実はイソギンチャクは足があり、自分で移動することができます。

気に入った所を探してウロウロします。

「ニモ」 カクレクマノミはイソギンチャクが無くても問題はなく

むしろ、無い方が良い点が多いです。

こちらでは、イソギンが水槽の裏側にいってしまい

ニモ達がみえない・・・という状態が続きました(笑)

サンゴと接触は厳禁!



状態の良く巨大化を続ける「タマイタダキイソギンチャク」

希望により、更に追加した「サンゴイソギンチャク」

・・・小さいです(笑)

暫くしたら場所を探して動き始めると思います。

※後程確認したところ、「岩の影にいってしまってほとんど見えない〜」

との事(笑)

基本的にイソギンチャクを入れる場合はプロテインスキマーは必須。





水槽に引っ掛けるタイプもあります。

イソギンチャクも生体の為、死ぬことがあります。

その際、ドロドロに溶けてしまい水槽の水を汚してしまいますが

このプロテインスキマーが分離・回収してくれます。

この器具のチョイスも設置・調整も弊社がすべて行うのでご安心を(∩´∀`)∩

次はこちら。



ハギの仲間「クログチニザ」 イエロータイプ。

デカい(笑)


こちらもまた黄色い魚。





ヤッコという種類の魚。
「ヘラルドヤッコ」

綺麗な黄色の魚でとにかく目を惹きます!

人工飼料を食べるように「餌付け」中・・・。

食べるようになるまで管理水槽で出番待ちです〜♪

綺麗なお魚たちも皆様のお申込みをお待ちしております(笑)

お気軽にご相談下さいませ〜♪

他にも様々な種類の生き物がおりますが、今回はこの辺で・・・。


 

盛岡タイムスの新聞掲載されてから、お客様の所などで

「新聞に載ってたね!」

「一面に掲載されてたね見ましたよ」

などなど・・・(*´▽`*)

待合室にてメンテ中、患者様にも「タイムスに載ってた人だね」

とお声をかけて頂きました(笑)

ご厚意で、新聞記事を置いて下さるところも・・・。

大変、嬉しい限りでございます♪

さて今日は、新しいお魚を投入してきました♪




盛岡市のとある医院様です。



メンテナンスをしてからお魚を投入いたします。

濾過層も綺麗にしております。

見えない所も徹底的に綺麗にするのが弊社のモットー。

プロテインスキマーはありませんが、サンゴがもっております。

とりあえず、ここに持ってきたお魚が入ってる袋を入れて、

水槽の水温と、袋の水が同じ温度になるようにしばらく浮かべます。

掃除と、水替えをしたら・・早速投入します!



小さい・・・?



・・いいえ。中々、大きいですよ♪



実は意外とデカいです(笑)


10cm以上あるでしょうか・・・。

物怖じしない強気な性格の子。

水合わせ中の袋の中でも大暴れ!!('Д')

「早く出せー!!」と言ってるようでした。

しかし、カメラを向けるとわざわざ止まってくれました(笑)

お名前は「モンツキハギ」

横のライン模様が特徴。紋が付いたハギ。

幼魚の時は黄色ですが、成魚になるにつれ黒くなり紋は赤くなります。

こちらはイエロータイプです。


餌の争奪戦に負けず、みんなと仲良く暮らしてくれるといいな〜。

そのほかに、ハタタテハゼとデバスズメを追加。

早速、ナンヨウハギに挨拶(?)

ちょっかいをだしてました・・・。




患者様にも大好評とのことです。

新しいお魚を見て、楽しんでもらえたらな〜と思います(∩´∀`)∩



新聞の記事も飾らせて頂きました♪

受付の方々にも「新聞みましたよ〜」と(*'▽')

嬉しい事に、新聞を残してくれているそうです・・・。

弊社のHP製作して頂いてる「Lac」様のオフィスにも

飾っていただいておりました。

これからも、皆様に喜ばれるアクアリウムを提供してまいります!


観賞魚水槽・アクアリウムの事なら

当社へお気軽にご相談くださいませ!



 

今日の、盛岡タイムス(新聞)に当社が掲載されております!

代表の私が水槽のメンテナンスをしている写真がデカデカと

掲載されておりますので、すぐに分かるかとおもいます(笑)

トップページにカラーで載っていますので、是非ご覧くださいませ!

私も驚きです・・!(笑)




さきほども、メンテナンス先の従業員の方にも「新聞に大きく載ってましたね」

とお声をかけられました(∩´∀`)∩

早くも、掲載効果がでました!(笑)

鑑賞魚水槽(アクアリウム)の事なら、何でもご相談ください!

お気軽にご連絡くださいませ〜♪

盛岡タイムス様のHPに記事がございます!
是非ご覧くださいませ!

http://www.morioka-times.com/news/2015/1502/04/15020401.htm




 

今週は、焼肉冷麺ヤマト様で「冷麺祭り」開催中です♪

ぜひ、盛岡南店様、北上店様にご来店の際は当社のアクアリウムを

ご覧くださいませ〜。

今週は、メンテナンスの内容の一つでもある

「レイアウト変更」です!




ラフランス温泉館様。

海水魚水槽では、「ライブロック」という岩を入れます。

お魚の隠れ家でもあり、デザインする水景のためのアイテム。

水質にも影響する重要な存在です。

ライロックにも魚のフンやゴミなどが溜まっていきますので

定期的に水槽の外にて洗浄しております。

水槽内も清潔に保つことで、お魚も病気にならなくなります。

ライブロックも天然の物なので、大きさや形、重さなどもすべてが、

ひとつひとつ違います。


こちらは某医院様のOF水槽。

今回はこちらのレイアウトを変更しました。




組み上げた岩の下にも、汚れが溜まってきます。

この岩組を崩して、底の汚れを吸い取ります・・・。

掃除が終わったら、レイアウト(岩組み)をしていきます・・。


ガチガチに岩同士を汲んでしまうと水の流れが悪くなり

そこに汚れが溜まりやすく、またお魚の隠れ家もなくなります。



特に、土台になる床のほうはスカスカにしてます。

水の淀みをなくすためです。





画像では分かりづらいですが、たくさん隙間が空いてます。

そして岩との一体感もバッチリです。

「岩同士の繋がり」・・・というのでしょうか・・。

「中央に空間をあけて奥行きを出す」レイアウトです。

そして高さを出します。

できるだけ水面ギリギリまで出します。

水槽高さ60cmまで崩れないよう岩同士を組み上げます。




焼肉冷麺ヤマト様。

こちらの海水水槽のレイアウトでは「オーバーハング」を作りました。

右側の岩組 〉の形になってます。

土台から中央へ、せり出す岩が迫力と緊張感を強調させます。

一見するとアンバランスに見えますが、しっかりと重点とバランスを

取っているので崩れる事はありません。

※結構難しい技術です(笑)

僅かにでもバランスと重点が取れていないと・・崩れてしまいます。

もちろん生体の行動や、水流などで崩れてしまう程度でもいけませんので・・・。

ただ積み上げてるだけでは崩れたり、隙間もなくなり、弊害がでますので

高さ・隙間・空間の基本構造を意識します。







このようなレイアウトも面白いと思いませんか?

組み合わせ色々(笑)



今回は新しいサンゴも追加しました!

緑色のカタマリ(笑) 「キクメイシ」



ライトを消してメンテナンスの準備をしていると

サンゴが閉じていきます・・・。

満開の時は・・・




デカい!

どんどん成長中!


土台からはみ出てこぼれそうなくらいに(笑)


変更前。



変更後。

ガラリと水景が変わってまた、新鮮な気分になりますね♪

勿論サンゴ水槽では、サンゴの性質に合わせた配置に・・・。

また、「岩組み」は元通りに組むことはできないので

同じ構図であっても、よく見ると変わってます。

幼稚園や、保育園でも「また変わってる〜」と

気づくお子様も(∩´∀`)∩


機会がありましたら、「レイアウト」にも注目してみて

くださいませ〜♪

それにライブロックにも何か生き物がいるかもしれませんよ・・・。









 

今日は、盛岡タイムス様からの取材がありました(^◇^)

弊社のレンタルアクアリウム業務などについてです。

取材は焼肉冷麺ヤマト南店様にて。




作業風景を撮っていただきました♪

コケ取りや水換え作業などなど・・・。




色んな角度から・・・。

どんな風に撮られたのでしょうか?





急きょ、従業員の方にもご感想を一言頂くことに・・・。

いきなりのフリにびっくりされておりましたが(笑)

こちらも嬉しくなる感想を頂きましたので安心いたしました♪





様々な質問に受け答えして無事取材も終了しました。

記者の方もアクアリウムをご覧になるのは初めてだったようで

興味津々のご様子でした。

初の取材でしたが、緊張することもなく終始和やかムードでした。

記事になるのが楽しみです〜。

岩手県での弊社のアクアリウムの知名度がアップすることに期待♪

新聞がでるときには、またブログにて発表しまーす!





 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM