昨日、今日の2日間でW1500水槽を設置してきました!

 

前日に搬入と配管の組み上げ&注水・循環まで完了できたので

今日はレイアウと生体導入で最終仕上げをしました。

 

「みうら産婦人科」様の完成したばかりの新病棟に設置しました。

前日の夕方から搬入作業を開始!

朝からの雨も夕方過ぎにはやんだので非常に助かりました(´ω`)

 

 

事前に現地確認した際のとおりの場所に設置。

作業中に事務長が院内を案内してくれるとの事で、作業を一時中断して

特別内覧会にいきました〜

 

シャンデリアとこだわりの家具・・・

まるでホテルの一室(*'▽')

出産祝いの際に、ここでホテルメトロポリタンの料理長の

作りたてを頂くそうです。

となりに厨房もありました♪

 

和室、洋室、個室、4人部屋があり、どの部屋も高級ホテルのよう…。

色々ご説明を受けながら見て回ってるうちに、病院であることを忘れて

ました(笑)

本当に素晴らしく眼福でした( ゚Д゚)スゴゴゴ・・・

 

仕事をわすれそうになりましたが、しっかりとこちらも作業しております(笑)

1日目は砂と水を入れて循環までです。

 

※2日目

早速、レイアウトを始めます。

流木と石で骨組みをつくります。

毎回、直前までレイアウトは考えてません(笑)

その場の雰囲気などのイメージ?です。

 

また前日にヒーターを取り付けて温度を調整、循環もしていたので

水も大分クリアになり温度も適温になってました(∩´∀`)∩

 

水草を植えて生体をいれたら・・・・完成です!

 

 

 

正面玄関から入ってすぐに大型水槽がお出迎え♪

風水的にも位置もよく、邪気を跳ね返す壁にもなるそうです。

 

完成後は事務長、副院長先生がご覧になり「これはすごい!素晴らしい」と

大絶賛!

副院長先生もアクアリウム経験者で、着眼点が私に近いです(笑)

ここからはちょっとマニアックなお話し・・・。

この今回最大のこだわりは「天板くりぬきフランジ&重合接着」

 

通常、アクリル水槽は「溶剤接着」と「重合接着」の2パターンです

前者は製作コストの低さがウリです。溶剤でアクリルを溶かし合わせるため

水槽接着面は綺麗ですが、フランジ部の接着面の気泡など粗さが出ます。

 

後者はコストが高いですが、強度は一枚板に近く継ぎ目がほとんど目立ちません。

非常に高い強度がだせるので大型水槽向きです。

 

水槽自体は重合接着、「フランジ」はアクリル端材板を継ぎ接ぎして

「溶剤接着」…というのがコスト面でも一般的です。

※強度的には基準を満たしており使用上問題ありません!

 

今回のは水槽の強度を保つフランジを一枚のアクリル板を

贅沢にくり抜き、フランジ型にしてさらに重合接着!

接着剤でつなぎ合わせた補強板と、一枚の補強板では強度の差も

美しさの違いも明らかですね(∩´∀`)∩

 

ちなみに水槽上部につけるカバー「キャノピー」つける事で見栄えに関しては

まったく気にならなくなります。

 

事務長様からは「非常に内装にこだわって建てている、そこに

ここまで水槽が似合うという事は、とってもこの水槽は良い物だという証拠!」と

大絶賛!!

 

水景も水草もお魚も綺麗で、本当に癒される、いつまでも見ていたい!と

終始嬉しいお言葉頂きました。

 

 

弊社一同、皆様に喜ばれる美しい水槽を維持するメンテナンスを

これからも心がけてまいります!

 

弊社では多くの実績、知識と経験をもとに

お客様に、よりよい物をご提案いたします。

岩手県でのアクアリウム水槽の事は「ヒーリングアクアリウムT3」に

おまかせください!

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM